人生を楽園にする方法

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう

今日は『プロレス記念日』だそうです。

1953(昭和28)年の今日、プロレスラーの力道山が中心となり
『日本プロレス協会』が結成されました。

力道山は1952年プロレス修行のためハワイへ出発。

アメリカ太平洋岸を転戦し、300戦295勝5敗の成績で帰国し
協会を設立しました。

日本ではテレビ放送が開始されたこともあり、プロ野球と共に
大人気スポーツとなり、人々を街頭のテレビにくぎ付けにしました。

外国人選手に怯むことなく立ち向かい、
得意の空手チョップで相手を倒す力道山は、

第二次世界大戦敗戦のショックから立ち直れずにいた日本人に
大きな勇気と元気を与えました。

戦後の復興の大きな原動力になったの事実です。

私も「人に勇気と元気を与える存在」であり続けたいと思います。

『楽園に行くのではなく、今いる場所を楽園にする』

大きなアクシデントなどで落込んだ時や
ストレスが溜り、気分を転換したいときなど

そんなときに「楽園でのんびりしたい!」とか

「楽園に行きたい!」と私たちは思いますよね。

苦しい現実が嫌になったら、一度現実から離れて、
居心地のよい場所に行きたいと思うのは当たり前のことです。

そして、カレンダーを見ながら休暇のタイミングを確認したり、

海外旅行を楽しんでいる自分をイメージするでしょう。

悩みも苦しみもない快適なところへ行けば、現実にいながら
天国にいるような時間を過ごすことができるでしょう。

確かに、この地球上には

「楽園」と呼ばれる場所は存在するでしょう。

例えば、自然豊かな景勝地。

常夏の日差しがまぶしい南の島。

温暖な気候に恵まれて過ごしやすく、
のどかで穏やかな時間が流れる場所など・・

この様な場所で「抱えている問題」を忘れ
自分の好きなことをして過ごせば、

まさに、そこは「楽園」と言えるでしょう。

しかし、その様な楽園に行くのは

多くの方は「難しい!」と言うのが現実ではないでしょうか。

お金も時間も労力もかかります。

社会人なら、スケジュールの調整もしなければなりません。

旅行としてたまには行く程度ならいいですが、

実際に出向いたり移住したりするのは、更に困難です。

では、どうすれば「楽園」に行けるのでしょうか?

そこで、提案ですが・・、

次のように考えてみてはいかがでしょうか?

「楽園に行く」のではなく、今いる場所を「楽園にする」のです。

今いる場所に不満があっても、考え方を変えることで

「楽園」にすることは可能なのではないでしょうか?

自分の居る場所を楽園に近づけることは出来るはずです。

例えば、人間関係を改善することです。

毎日きちんと挨拶をして、心地よい会話を心がけると
人間関係は良好になるでしょう。

時には、一緒に食事をする。

もし、不仲な関係にある人と仲直りをしたいなら

自分に落ち度があるなら素直に謝り、早目に誤解を解くことです。

すると、心労が減って、心が軽くなるでしょう。

すると笑顔が増え、幸せな気分に満たされるでしょう。

すると、そこは『楽園』となるでしょう。

また、自分の仕事に誇りと使命感を持つことです。

ケネディ大統領が『アポロ計画』の進捗状況を見るために
ヒューストンのNASAの施設を訪れた時の話です。

※『アポロ計画』とは、アメリカが国の威信をかけて行った
「人類を月に送込む」という壮大なプランのことです。

ケネディ-は、そこで働く掃除婦の方に

「今、何をしているのですか?」と尋ねると、

「月に人間を送込む壮大なプランのお手伝いをしています」と

彼女は答えたそうです。

立場こそ違っても、彼女は『アポロ計画』に携わっているという
自負と誇りを持っていたのです。

その自負と誇りが『使命感』となり、

自分の職場を『楽園』へと変えていたのです。

ですから『楽園』で有意義な時間を過ごしたいと思ったなら

「私は、この仕事で○○に貢献をしている」

「私は、この仕事で、新しい時代を創るお手伝いをしている」

と言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が、自分のやっている仕事に

自負と誇りを持たせてくれるのです。

その自負と誇りが『使命感』となり、

自分の居る場所を『楽園』へと変えてくれるのです。

人生は、捉え方一つで『楽園』に換えることが出来るのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「この仕事で○○に貢献をしている」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、自分の仕事に誇りを持ちましょう。

自分の仕事に誇りを持って、

自分の居る場所を『楽園』に変えていきましょう。

そして、充実の幸せな人生を謳歌しましょう。

改めて、もう一度『楽園』に行くのではなく、

自分の居るところを『楽園』へ変えていくという

意気込みで今日一日、本気で楽しみましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。