100%当たる宝クジ

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日、テレビで中国の買い物事情を伝えていました。

中国では『アリペイ』というスマートフォンによる
代金決済が凄い勢いで進んでいます。

『キャッシュレス時代』が来ているのを感じます。

また、トヨタ自動車は2020年までに『空飛ぶ自動車』の
実用化を目指して研究を始めています。

ロボットの出現によって働き方も大きく変わろうとしています。

少年の頃の漫画の中の世界が現実になって来ています。

長生きして良かったと思うと同時に、この時代の変化に
ついていく努力をしなければならない思いました。

この時代の変化に気付き、対応していかなければ
ならない時代になって来ている様に思います。

『練習は嘘をつかない、努力は裏切らない』

皆さんは『宝くじ』を買った経験はあるでしょうか。

『宝くじ』を買ったからと言って当たるとは限りません。

しかし、この世に「確実に当たるクジ」があったとしたら

皆さんは、欲しいと思いませんか。

「買えば当たる宝くじ」なら誰でも手にしたいですよね。

でも、そのような『宝くじ』が、この世にあるというのです。

では、その『宝くじ』とは・・

それは「練習」という『宝くじ』だそうです。

「練習」は「買ったら買っただけ」

「やったらやっただけ」

「努力すれば努力しただけ」

確実に成果に結び付きます。

「100%当たるクジ」とは、練習であり努力なのです。

ようは「練習は嘘をつかない」

「努力は裏切らない」と言うことです。

「プロ」と言われる人も「名人」と言われる人も

誰も、初めは「初心者」だったのです。

最初からうまい人なんか誰もいませんでした。

誰だって、最初は「初心者」だったのです。

ですから、最初は上手くいかなくてもいいのです。

上手く出来なくて当然なのです。

ですから「上手くいかない」

「上手く出来ない」と嘆く必要などないのです。

ここで大切なことは、

私たちは「出来ない」のではないということです。

「上手く出来ない」だけだと言うことです。

何度も言いますが

「出来ない」のではなく「上手く出来ない」だけなのです。

私たちには、繰り返すことで、潜在意識に刻まれるという

脳力を誰もが持っているのです。

ですから、上手く出来なければ練習をすればいいのです。

このことを私たちは胸に刻んでおくべきではないでしょうか。

ですから、上手く出来なくてもいいから

「どうすれば・・」「なにをすれば・・」と自分に問いながら

繰り返し、繰り返し、練習を続けるのです。

その練習の成果は、やがて二倍・・、三倍となって表れるのです。

買わないと損な宝くじ・・

しかも、100%保証・・

その「宝くじ」こそ、練習なのです。

しかも、続ければ続けるほど、

大きな価値ある成果が手に出来るのです。

ですから、望む成果を手にしたければ・・

「どうすれば・・」「なにをすれば・・」と自問自答しながら

「もう一度」「もう一回」と言って練習を続けましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした「どうすれば・・」の自問自答の言葉が

練習の精度をあげて行くのです。

そして「もう一度」「もう一回」という励みの言葉が

練習を続ける後押しをしてくれるのです。

その練習の量がある時点を超えると

成長のカーブはある日突然、角度が変わるのです。

そして、望み以上の成果のステージへと運んでくれるのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「どうすれば・・」の自問自答の言葉と

「もう一度」「もう一回」という後押しの言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、練習を続けましょう。

その繰り返し、繰り返し続ける練習で

望むステージへと昇っていきましょう。

そして「100%当たる宝クジ」を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。