言葉を変えて人生を変える

2016年1月2日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

<スポンサーリンク>

皆さんは、元旦はいかがお過ごしになられましたか?

私は、昨日のメルマガ通りに

お雑煮を食べて、氏神様にお参りをして来ました。

いつも、私たちをお守り頂いていますので

感謝の気持ちを込めて、お賽銭も大奮発をして来ました。

そして今日、1月2日は、「初夢」、「初売り」、「初荷」、

「書初め」、「農初め」など何かをする最初の日とされています。

ただ私は、今年を「行動の年」と決めましたので

昨日、「仕事始め」として一時間ほど資料づくりをしました。

そして、2016年、2日目に贈るメッセージは・・

言葉を変えて人生を変える

「初めに言葉ありき、言葉は神と共にありき、言葉は神であった」

皆さんも、一度や二度は耳にされた言葉だと思いますが

これは、『新約聖書』に書かれている言葉です。

私は、特にキリスト教に

特別な信仰心を持っている訳ではありませんが、

「言葉は神である」というメッセージには大変、共感します。

自分が発する「言葉」が自分自身に、

大きな影響を与えると言うことを実感しているからです。

日本にも神道に「言霊(ことだま)」思想があります。

洋の東西を問わず、

人類が「言葉」に畏敬の念を持って向き合っている

証拠ではないでしょうか?

この言葉に触れて以来、私は「言葉の大切さ」を知りました。

「言葉」の持つ力を・・

自分が発する「言葉」のエネルギーを知りました。

「神」や「魂」が宿る神聖な表現手段を、

簡単で粗末に扱ってはいけないと考えるようになりました。

ところで、ここで私たちが、認識しておかなければならないのは

「言葉は思考の表れ」だと言われていますが

「言葉が思考をつくる」と言うのも事実だと言うことです。

人はよく「心にもないことを口にするな」と言われますが

私は、「心にもないからこそ口にしなさい」と言います。

日頃から意識して口にする言葉が「思考」をつくります。

「思考が人生を決定づける」という先人たちの教えがありますが

言葉を換えれば、「口にする言葉が人生を決定づける」と

言うことではないでしょうか。

つまり、言葉を変えると人生が変わるのです。

前向きな言葉を発する人には前向きな思考ができ、

前向きな思考の人には前向きな行動が生まれます。

そして、前向きな行動をとり続けていると、

前向きな結果を手にすると言うことです。

一方、推測や噂話ばかりを話し、

既成概念から生まれた言葉だけを信じ、発信し続けていると、

憶測や噂話で創られた人生になり、

既成概念を飛び越えることが出来ない人生になると言うことです。

「言葉を変えて人生を変える」という手法を知った時から

私の人生は大きく変わったと思います。

ですから、自分の思考を変えて、人生を変えたいと思ったなら

先ずは、発する言葉を換えましょう。

「言葉はちから」です。

その口にし続ける言葉が「思考」となり、

「思考」が「無意識の行動」となり、

その「無意識の行動」が「人格」をつくり、

「人格」が「人生」となるのです。

だから、今年も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

意識して、良い言葉を発しましょう。

そして、ウキウキ、ワクワク、思考を変えて、人格を変え、

望む人生を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長したいと思います。

2016年1月2日。

改めて、「言葉の大切さ」を胸に刻み

今年を、「望む人生」への新たな出発点にすると誓います。

感謝 合掌

菅野宏泰