覚悟を決める 目の前の現実を事実として受け入れる

2016年9月13日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は、フィリピンで始める新ビジネス

「日本の技を後世に残す作戦」の打合せをして来ます。

日本の職人さんの技を異国の若者に伝授し、

日本の素晴らしさを知ってもらって

もっと、もっと日本に関心を持って頂くと言うものです。

その打合せの後は、プノンペンで長くビジネスをされている方が

日本に戻って来ていますので

カンボジアの現状を聞かせて頂き、今後のビジネス展開について

アドバイスを頂くために会って来ます。

地球は狭くなりました。

皆さんにも海外から日本をもう一度見つめて頂きたいと思います。

そうすることで「日本の良さ」を再認識すると共に

「日本人としての誇りと自信」が生まれると思います。

さて、昨日ですが「スランプからの脱出法」について

ご紹介させて頂きましたね。

「スランプ」から脱出するには、何でもいいから、

「身体を動かす」「行動する」ことだと紹介させて頂きましたが

裏を返せば「悩む暇がない」くらいに忙しく動いたり、

行動していると「スランプ」には陥らないと言うことです。

そして、もう一つの「スランプ」に陥らない方法を

今日は、ご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

覚悟を決める 目の前の現実を事実として受け入れる

私たちの他人への最大の常識事は「他人の死」です。

「まあ・・、あの人も歳だったからね」

「人は、いつかは死ぬからねぇ」なんて

「人の死」についてはいたって冷静でいられます。

しかし、自分に対する最大の非常識事は「自分の死」です。

病院で「癌」と診断されると

「なんで私が・・」と驚き嘆きます。

驚く理由は、「癌になるのは他人で、自分は癌にならない」

と思っているからでしょう。

事実、日本では男性は2人に1人は癌です。

女性は3人に1人が癌になります。

ですから、誰が癌になっても、まったく驚く事ではないのです。

それなのに、「自分はならない」と思っているのです。

今日、皆さんにお伝えしたいのは・・

突然、車にはねられたり、

人に刺されたり、

大地震ですべてを失ったり、

子供が重病になったり、

親が認知症になったり、

親友に裏切られたり、

会社の倒産で職を失ったり、

ある日、目が覚めたら全ての資産を失ったり、などなど・・

世の中、他人にだけでなく

自分にも「何が起きてもおかしくない」と言うことです。

よく「現実は残酷だ!」という方がいますが

「現実は残酷」ではなく、「現実は正直」なのです。

いくら徳を積んだ方でも、事故で亡くなることもあります。

罪のない幼子が癌になり、

壮絶な闘病生活の果て苦しみながら亡くなることもあります。

私たちは、

「あんないい子が・・」

「なんで、こんなに苦しまなくてはならないの」と、

現実を正直に受け止めることが難しいのです。

しかし「よい子は、絶対に癌にならない」のでしょうか?

よい子だって「癌になるときは癌になる」のです。

私たちは、現実を冷静に受け入れないと人生は苦しくなります。

「現実は・・」「何があってもおかしくない」

「他人に起こった不幸は」「自分にも起こり得るのだ」という

「事実」を受け入れたとき

私たちは、小さなことに感動したり、

感謝の念が湧くのではないでしょうか。

何もない事が「幸せだった」と気付くのではないでしょうか。

夕食を家族で楽しく、美味しく食べれただけでも

メチャクチャ幸せなんです。

幸せに生きるコツの一つは

「何でもあり得る」と「覚悟をする」ことなのかも知れません。

「覚悟が決める」と「最悪な事があって」も、うろたえません。

悲しみも浅いはずです。

「自分の悩み」など些細なことだと思うはずです。

そして、「何でもない日常の暮らしが幸せ!」だと気付き

いつも、ニコニコと楽しく生きられるではないでしょうか。

人生、良いことも・・、悪いことも・・

「何が起こってもおかしくない」

「何でもあり得る」と「覚悟」することです。

「覚悟」こそ、私たちを悩みから開放し

「幸せの扉をあける鍵」なのです。

売り上げが上がらないのも「覚悟がない」から・・

仕事が楽しくないのも「覚悟がない」から・・

人生が辛く、苦しいのも「覚悟がない」から・・

楽しく、幸せな人生は「覚悟をした」から・・

だから、何か起きたら・・

「有り難い!!」

「これで済んで良かった!」と

感謝の言葉を口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした感謝の言葉で「覚悟が決まる」でしょう。

「覚悟が決まる」と悩みやスランプから開放されて

「幸せな人生」を歩むことになるでしょう。

「覚悟」が自分の波動を変え、人生を変えていくのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に

覚悟を決める言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、目の前の現実を

事実として受け入れましょう。

現実を事実として受け入れ、悩みから開放されて

幸せな人生を送りましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログへ起こしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。