未来を見つける 人の気付かない未来がビジネスチャンスになる

2016年12月20日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は大切な友人と今後の活動について打合せをしました。

自分の周りの人たちに「何が出来るのか?」

「どうすれば良いのか?」を話し合いました。

多くの苦難の中で、周りの人たちに喜んで頂くことが

自分たちが豊かになる近道だと思うようになったようです。

友人の新年も大きな飛躍の年になると確信しました。

また昨夜は、シンガポールからの取引先様と会いました。

取引でトラブルがあったので呼び付けたのですが

手土産の「虎屋の羊羹」を先に渡され

好きなお土産で先制パンチを喰らわされた気がします。

しかし、最近の情報をいろいろと交換させて頂きました。

彼が新年から始めようとしているビジネスは

日本に来る海外からの旅行者を対象にしたもののようです。

ネットで調べてみると、昨年のインバウンド消費は

約4兆5000億円。

その1%を取込んだとしてもビジネス規模は450億円。

2020年の日本におけるキャッシュレス化の市場規模は

145兆円と予想されています。

この市場の一部を今話題の仮想通貨が担うことになるでしょう。

また、人工知能の市場規模は2030年には

87兆円と言う予想があります。

市場規模が大きくなる分野には、ビジネスチャンスが潜んでいます。

どの分野が、どの様に伸びるのか?を知ることは大切だと思います。

いや、知らないと時代の流れに取り残されていくと思います。

そこで今週の『成幸者の集い』(22日)は

『人工知能』について講師を招いて勉強会を行います。

人工知能の発明と発達によって時代は確実に変わりつつあります。

その変化を知ることは自分の未来を知ることになります。

ウキウキ、ワクワクの未来を迎えたいとお考えの方は

時間をつくってご参加ください。

そこで今日は「ビジネスチャンス」と「時代の流れ」について

考えたいと思います。

<スポンサーリンク>

未来を見つける 人の気付かない未来がビジネスチャンスになる

ビジネスチャンスを語る上で「時代の流れ」を

外すことが出来ないのは誰もが認めるところだと思います。

時代の流れを読むと、ビジネスチャンスが見えてきます。

時代の流れが、少子化という方向に向かいば

幼児向きの市場規模は縮小します。

お年寄りが増えると、お年寄り向けの旅行やサービス、

介護サービスなどの需要が高まってきます。

しかし、大切なのは、この様な目に見える変化ではなく

みんなが見過ごしやすい変化に気付くことです。

例えば、今国会でカジノ法案が可決しましたので

多くの方は、カジノの機器やその周辺ビジネスが儲かると考えます。

しかし、これによって潤うビジネス企業は

クリーニング関連会社や特殊印刷インクの会社などもあります。

では、どうしてクリーニング関連会社なのか?

カジノ施設が出来る、その施設周辺のホテルの稼働率が上がります。

ホテルの稼働率が上がれば、当然シーツなどのクリーニングが増えます。

また何故、特殊インク会社なのか?です。

カジノが出来れば、これも当然、トランプが大量に使われます。

このトランプは不正が行われないように

特殊インクで印刷されたものでなければなりません。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の理論です。

時代の流れを読むだけでは、未だ不十分なのです。

無頓着に適当なサービスや商品を考えるのではなく、

その普及によって「何が起こるか?」を考えることが大切なのです。

しかし、その前に大切なのは、

やはり時代の流れに気付くことだと思います。

時代の流れを読むことは、決して難してことではありません。

それは、勉強すれば良いからです。

知識は、ネットでニュースを見たり

セミナーに参加すれば知ることが出来ます。

勉強すれば、正しい未来像が見えてきます。

時代の流れを読めば、未来を当てることができます。

その予想は、宝くじより、はるかに当たる確率が高いでしょう。

また、宝くじとは違い、勉強しだいで当てることのできる宝です。

今の時代を肌で感じ取って、

これから進むであろう時代の流れる方向を感じ取る。

自分の未来を輝くものにするのには、非常に大切なことです。

しかし、前にも話したように「時代の流れを感じ取る」ことと

「ビジネスチャンスをつかむ」ことは違います。

では、時代の流れを「ビジネスチャンス」に変えるには

どうすれば良いのでしょうか。

それは、常に「これは、どうなるのだろうか?」

「これが発展したら何が起こるのだろうか?」

「それがヒットしたら何が必要になるのだろうか?」

「どうすれば、もっと良いものになるだろうか?」と

自分自身に、常に疑問を投げ掛け続けることです。

「言葉はちから」です。

その疑問の投げ掛けが「ヒント」を与えてくれるのです。

人の気付かない未来を見ることが出来るのです。

人が気付かないことが「ビジネスチャンス」なのです。

その「ビジネスチャンス」で人々と社会を豊かにしましょう。

すると、自分も豊かな人生を歩むことが出来るのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「どうして?」

「どうすれば・・?」と自分自身に問い掛け続けて

ウキウキ、ワクワク、

人の見ることの出来ない未来を先に見つけましょう。

それをビジネスチャンスに変えて、人々と社会を豊かにしましょう。

そして、自分も豊かになって充実の人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。