130ドルの婚約指輪 今が幸せと思っている人が明日の幸せをつかむ

2016年12月21日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今朝も、日の出を眺めながらメッセージを書いています。

朝焼けの中で、一日がスタートできることに感謝です。

ところで、今日は「冬至」ですね。

一年中で最も昼が短く、夜が長い日です。

今年の冬至は、暖かな一日になりそうです。

この日は、カボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりしますよね。

これは「カボチャ」と「ゆず」は

太陽の象徴と言われているからのようです。

この日を境に少しずつ昼が長くなっていくのです。

時は流れますが季節は巡って来るのです。

嫌なことは流して、新しい年に希望を見え出しましょう。

未来の扉は、いつも開いているのですから・・。

しかし、この扉に鍵をかけて閉ざしているのは、

出来ることがあるのに、出来ないと思っている

私たちの心かも知れません。

私は、どんな絶望的な環境の中でも未来を信じて来ました。

そして、今も未来を信じています。

ですから、新しい年が来るのがウキウキ、ワクワクです。

また、今日は『遠距離恋愛の日』だそうです。

遠距離恋愛中の恋人同士が、クリスマス前に会って

お互いの愛を確かめ合う日だそうです。

「1221」の両側の1が、それぞれを表し、

中の2が近づいた2人を表しているそうです。

遠く離れていても、心が近い二人。

近くにいても、心の離れている二人。

恋は複雑怪奇。

しかし、近くにいて、心も近い二人でありたいですよね。

そこで今日は、素敵なカップルの話をご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

130ドルの婚約指輪 今が幸せと思っている人が明日の幸せをつかむ

テネシー州に住む22歳のアリエル・ディジリーさんが

Facebookに投稿した文章が大きな反響を呼びました。

アリエルはコミュニティサービスの事務所に勤め、

恋人のクインは中古車ディーラーで働いています。

生活に余裕はなく、倹約に倹約を重ねる毎日です。

2年間の交際を経て、2人は結婚を決意。

「親友と結婚できるだけで幸せだから指輪は要らない」と

アリエルは言ったが、

しかし、クインは違った。

彼はアリエルに指輪を贈るために、密かに貯金していたのです。

ジュエリー店で2人が選んだのは、

シルバーとキュービックジルコニアのリングでした。

値段は130ドル(約15,000円)。

心躍らせて会計を待っている間、店員のつぶやきが耳に入りました。

「これを婚約指輪として買うなんて信じられる?」

「みじめすぎるわ」

クインの顔はみるみる曇り、がっくりと肩を落としてしまいます。

そして「本当に君はこれで幸せなの?」

「これでいいの?」と不安そうに聞いてきたのです。

アリエルはその女性店員に

「重要なのは指輪そのものじゃない」

「それを買う、という愛こそが大切なのよ」と反論し、

指輪を受け取ってその場を去りました。

アリエルは疑問を投げかける。

「私達の国はいつから、男性が3,000ドル以上の

派手な指輪を買わないと

愛を伝えられないような国になってしまったのでしょう。

指輪は本当に素敵で、あのときの気持ちは最高だった。

他の人たちの体験に勝るとも劣らないものだった。

なぜモノが愛と同一視されるのでしょうか。

私の夫は、宝石を買う余裕がなかったから

私に嫌われるのではないかと考えました。

私が欲しい指輪を買えなかったから、

私の愛が薄れるのではないかと恐れました。

世間がこのようにしてしまったんです。

本当に悲しいことです。

でも、裁判所での結婚。

130ドルの指輪。

夫からの精一杯の愛情は、

想像していたよりもずっと幸せなんですよ」

彼女の“指輪物語”は多くの人の共感を呼びました。

いかがでしょうか。

私たちは、どうして

「愛」や「幸せ」を人と比較してしまうのでしょうか。

「お金で買いないもの」が、

いかに大切かに気付かないのでしょうか。

人を幸せにするものは「お金で買えるもの」だけでないことに

なぜ、気付かないのでしょうか。

そして「今が、いかに幸せなのか」に気付かないのでしょうか。

どんな環境の中にあっても、私たちは今も幸せなのです。

ですから、今に感謝をし、

そして、更に幸せになることを望むのです。

更に幸せになると自分に誓うのです。

それが、幸せな人生となるのです。

ですから、すべてに

「ありがとう」

そして、「私は今も幸せです」

「しかし、もっと幸せになります」と

朝、目覚めたら言葉にして誓いましょう。

「言葉はちから」です。

その朝の誓いの言葉が、幸せへの扉を開いてくれるのです。

幸せへの道へと導いてくれるのです。

今が幸せと思っている人が、明日の幸せをつかむのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「もっと幸せになります」の誓いの言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、今の幸せに感謝しましょう。

もっと、もっと幸せになりましょう。

そして、幸せな人生を歩み続けましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。