未来から今を見つめる 一日10回 夢を人に語り続ける

2017年2月23日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日は「ふ(2)じ(2)さん(3)」で『富士山の日 』だそうです。

河口湖町が2001年12月に制定したそうです。

意外でした。日本を代表する山であり、

世界の人々からも絶賛されている山ですから

もっと早くに制定されていたと思っていました。

春、夏、秋と四季折々の魅力と感動を与えてくれますが

私は、綿帽子を被った冬の富士山が大好きです。

美しいけど人を寄せ付けない自然の偉大さを感じます。

また今日は「にん(2)ぷ(2)さん(3)」の語呂合せで

『妊婦さんの日』でもあるようです。

私たちは妊婦さんにもっと優しく、そして尊敬すべきだと思います。

私たちの命を次の世代につなぐために

10月10日、自分の身体の中で守り、育ててくれるのです。

そして、命をかけて私たちをこの世に産んでくれるのです。

どこかの国の国王だろうが、大統領だろうが、首相だろうが

お母さんの存在なくしてこの世に誕生していないのです。

そう考えると、男性はもっと妊婦さんを大切にすべきだと思います。

また、社会全体で妊婦さんに優しい環境をつくらなければ

ならないと思います。

そのような環境がなければ少子化問題は

解決しないのではないでしょうか。

そして、今日は「皇太子徳仁親王(なるひとしんのう)」の

57歳の誕生日です。

昨年から「天皇陛下の生前退位」が話題になっていますので

近い将来、新しい天皇が誕生し、元号が変わるかも知れません。

私の個人的な意見としては

「象徴として存在しても統治せず」という現在の

『象徴天皇』制度は、今後も日本の伝統、文化として

残していって欲しいと思います。

<スポンサーリンク>

未来から今を見つめる 一日10回、夢を人に語り続ける

「変化が激しい時だからこそ、出来るだけ遠くに目を配り、

遠くからパッと見返す。

そういうイメージってビジネスにとってものすごく大事なんです」

これは、ソフトバンクグループ創業者の孫正義氏の言葉です。

夢を叶えるための方程式を語る象徴的な言葉ではないでしょうか。

「理想の未来から、今の自分を見て、

そのギャップを埋めるために行動する」

これは成功者に共通した思考です。

私たちは、とかく「今」という現在地から

未来を見つめてしまいがちです。

今、できることから目標を設定しがちです。

しかし「未来から逆算する思考」が身に付くと

人生で得られる結果は劇的に変わります。

孫氏は、19歳の時に「人生50年計画というヴィジョン」を作成。

そして、それに向かって走り続けて来ました。

彼の「50年プラン」とは

「20代で名乗りを上げ、

30代で軍資金を最低で一千億円貯め、

40代でひと勝負し、

50代で事業を完成させ、

60代で事業を後継者に引き継ぐ」

到達点、目的地を定め、そこから現在地との差を埋める。

皆さんもご存知のように、孫氏は

貧乏のどん底で少年期を過ごしました。

しかし、いつも自分の未来を見つめていました。

そして、そのギャップを埋めるために

貧乏のどん底の時にお金を集め単身、渡米したのです。

ですから、目的、目標は、現在地からの積み上げるのではなく

先ず、自分が理想とする未来を・・

人生の目的、目標を・・定めることから始めましょう。

今を起点に、未来(到達点)を定めるものではなく、

未来を起点に、今すべきことを見つめましょう。

未来と今のギャップを常に確認し、

「どうしたら埋まるだろうか?」を考えましょう。

ギャップを埋めるための行動プランをつくりましょう。

そして、プランができたら、

今、やるべきことに・・

今、やらなけばならないことに・・

最善を尽くす。

全力で取り組む。

現代が余りにも、変化が激しく未来が不透明な時代だからこそ

時代に流されて目標を見失わないためにも

理想を思い描いたら、その想いを心に携帯することが大事なのです。

理想はどんなに大きくても構えません。

その大きな理想を掲げ、そこからと今のギャップを見つめ

埋める行動をしていきましょう!

すると5年後には、驚くほど進化をしている自分に気付くはずです。

そして、その時に大切なのが・・

言葉なのです。

自分の理想とする未来(夢)を心に描き、

「この夢は必ず叶う!」と言葉にしましょう。

その口にした言葉が夢を叶えてくれるのです。

夢は決して逃げません。

逃げるのはいつも自分なのです。

ですから、夢を・・

理想を・・ 語り続けましょう。

文字は、十回、口にすると願いは『叶う』と教えてくれてます。

ですから一日、十回。

自分の夢を人に語り続けましょう。

「言葉はちから」です。

その人に語る言葉が

夢を引き寄せ、理想の未来へと導いてくれるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

明るく、元気に

自分の夢を語りながら

ウキウキ、ワクワク、理想の未来を心に描きましょう。

すると、理想の未来と現在とのギャップが見つかるでしょう。

そのギャップを埋めるための行動が生まれるでしょう。

行動すると未来が近付いて来るのを知るでしょう。

そして、理想の未来を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。