一日、24時間

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今日の竹田和平(日本一の個人投資家、故人)さんの言葉の中に

「歴史を知ることは、明日を知ること」とありました。

私たちは、孫正義氏やウォーレン・バフェット氏に
なることはできませんが

彼らの歩んで来た道を真似することはできます。

私たちは、多くの成功者の「過去を知ること」で
「未来を切り拓くこと」ができます。

そして、その過去(歩んで来た道)を
簡単に知ることができる時代に生きています。

私たちは、今、時を旅する
『タイムマシン(インターネット)」を手にしているのです。

これを活かさない手はありませんよね。

また今日は『星の王子さまの日』だそうです。

1900年の今日『星の王子さま』の作者
サン・テクジュペリがフランスのリヨンで誕生しました。

子供の頃には「答えは一つ」と思っていた私に

『星の王子さま』は、いろんな「ものの見方」
「捉え方」があることを教えてくれました。

それが、柔軟なものの見方が出来る
今の私をつくってくれたと感謝しています。

私たちは今、たくさんの「学ぶ手段」を持っているのです。

それらを活かすことで、望む未来を手にすることができるのです。

なんて「幸せな時代」に生かされているのでしょうか。

感謝でいっぱいです。

『時間は繰越すことができない』

「われわれは短い時間をもっているのではなく、
実はその多くを浪費しているのである。

人生は十分に長く、その全体が有効に費(ついや)されるならば、
最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。

けれども放蕩(ほうとう)や怠惰のなかに消えてなくなるとか、
善いことのためにも使われないならば、

結局、最後になって、いやおうなしに気付かされることは、

今まで消え去っているとは思わなかった人生が
もはや既に過ぎ去っていることである。

まったく、そのとおりである。

われわれは短い人生を受けているのではなく、
われわれがそれを短くしているのである。

われわれは人生に不足しているのではなく
濫費(らんぴ)しているのである」

これは、ローマ帝国の哲学者であり、詩人であり、
政治家だった「ルキウス・アンナエウス・セネカ」の言葉です。

ちょっと古いですが、ここに面白いデーターがあります。

総務省統計局が平成13年に調査した40代の方々の
「時間の使い方」に関するデータです。

7.01時間 睡眠
6.27時間 仕事
1.56時間 家事
1.55時間 テレビ、ラジオ、新聞、雑誌
1.32時間 食事
1.09時間 身の回りの用事
1.02時間 休養、くつろぎ
0.44時間 通勤
0.27時間 移動(通勤を除く)
0.22時間 趣味、娯楽
0.21時間 買い物
0.16時間 交際、付き合い
0.12時間 育児
0.08時間 学習、研究
0.06時間 スポーツ
0.05時間 受診、療養
0.03時間 ボランティア、社会参加活動
0.02時間 介護、看護
0.01時間 学業

皆さんは、どんなことに時間を使っていますか。

このデーターを合計すると21時間半くらいなりますから

残りの時間は、トイレだったり、風呂や歯磨きだったり、
その他の時間になると思います。

また、現代であれば、スマホやゲームに費やす時間
ネットサーフィンをする時間に使っているのかも知れません。

これは平均ですから個人によって大きく変わると思います。

ただ、一つ、すべての人に共通していることは

「一日、24時間」と言う時間を、

私たちは「多く使うこと」も「少なく使うこと」も
出来ないと言うことです。

一日の中で「使い切らなければならない」と言うことです。

「繰越すことができない」と言うことです。

そう考えると、このすべての人に平等に与えられた時間を

「どう使うのか?」「どのように過ごすのか?」で

「人生の充実度」は違ってくると言うことです。

では、どうすれば「人生の充実度」は上がるのでしょうか。

それは、ずばり「自分の夢実現のために使う時間」を増やすことです。

セネカは「他人から押し付けられた人生を生きて・・、
何が楽しいんだ?」とも言っています。

時間を浪費するものは、人生を浪費し、魂も浪費しているのです。

ですから、充実した人生を送りたいと思ったなら

自分の夢実現のための時間を
少しでも多く使うよう心掛けみましょう。

その為には、朝、鏡に向かって

「今日が人生最後の日ならば・・」と

自分自身に問い掛けて見ましょう。

「言葉はちから」です。

その鏡の前で自分自身に問い掛けた言葉が

時間を大切に使う心構えをつくってくれるのです。

今日という日を「大切に使おう」という決意が生れるのです。

すると、無駄な時間を過ごすのではなく

有意義で充実した時間を過ごす行動へと変わるのです。

充実の時間が充実の日々となり、充実の人生となるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

自分自身への問い掛けの言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、

今日という日を楽しむ行動をしましょう。

今日という日を楽しみ、充実の日々を送りましょう。

充実の日々を重ねて、充実の人生を送りましょう。

そして、望む未来を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野 宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

フォローする