たった二つの言葉

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日、いつも通う通勤路を歩いていると
「百合の香り」が漂って来ました。

足を止めて土手を見ると、百合の白い花が咲いていました。

田舎の夏山が脳裏に浮かんで来ました。

来月は帰省して、父とご先祖様に喜んで頂ける報告が出来るよう
「今月も全力で走り切ろう」と自分に誓いました。

また今日は「な(7)み(3)」の語呂合わせで

『波の日』だそうです。

波は、大きければ大きいほど、パワーも大きいのですから

時代の大きな波に上手く乗って、
高速で目的を成就していきたいと思います。

『強運を味方に、強運の人生を歩む』

「人生の荒波を乗り越えるのに必要なもの」は

知識や技術や財力と言った「実力」よりも

「運」ですよ・・

「運」が良ければ、知識や技術や財力といったものがなくても

未知は拓け、道は開けるのですよ。と・・

このメルマガでも何度かお伝えしてきました。

では「強運」であれば「いつも順調なのか?」といえば・・

決して、そうではありません。

すべては「波動」であり・・

波(~)だからです。

「波(~)」には、当然「山」と「谷」があります。

人生の波にも「山」と「谷」があります。

では、皆さんでしたら、人生の「山」と「谷」

どちらが良いですか。

大半の方は「山」を選びます。

当然です。

しかし「山」も頂上まで登りつめると、

あとは「落ちるのみ」なのです。

逆に「谷」は底まで落ちると「上がる一方」です。

これは、自然の原理であり、宇宙の真理なのです。

この「真理」を知っている人は・・

山の時には注意します。

(落ち始めることを知っているからです)

谷の時でも落ち込みません

(これから良くなることを知っているからです)

しかし、この「真理」を知らない人は

山の時には「有頂天」となり

谷の時には「真っ暗」になって落ち込みます。

ですから、落ちるのが早く・・

運気浮上には、時間がかかるのです。

「夜明け前が、最も闇が濃い」とか

「朝の来ない夜はない」という言葉は

「真理」なのです。

そこで今日は・・、

辛く、苦しい「人生の谷」を「早く乗り切る言葉」と

楽しく、良いことの多い「人生の山」ができるだけ長く続く

とっておきの「魔法の言葉」を二つをお伝えしましょう。

それは、辛く、苦しい時には・・

「ありがとうございます」

楽しく、良い事が、もっと長く続いて欲しい時は・・

「感謝します」です。

「たった二つの言葉」で「強運」に選ばれ

「たった二つの言葉」で「強運」を掴むことができるのです。

「本当に・・??」と思われる方は

辛く、苦しくなったら

「お蔭さまで・・」「ありがとうございます」と

楽しく、良い事が長く続いて欲しいときには

「感謝します」と言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした「ありがとうございます」という感謝の言葉が

辛く、苦しい心を和らげ軽くしてくれるのです。

心が軽くなるから上昇気流に乗って来るのです。

すると、いつの間にか「人生の谷」から抜け出すのです。

そして、上昇気流にのって昇り始めたら

「感謝します」の言葉を口癖にするのです。

(口にではなく、口癖にです)

すると「感謝の念」が「強運」を引き寄せ、

「強運」を味方にし

「強運の人生」を歩むことができるのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「ありがとうございます」「感謝します」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、強運に選ばれ、

強運の人生を歩みましょう。

強運の人生で、人生の谷から抜け出し

人生の山を謳歌し、幸せな人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。

http://www.kotobawachikara.com/register.php