人生最高の御守り

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今朝は青空が広がり、眩しい陽の光が窓から飛び込んで来て

私は気持の良い朝を迎えています。

久しぶりの陽の光と思ったら、15日間連続で雨の日が続いたのは

東京では10月としては127年ぶりの記録だそうです。

長雨の後の青空は、心地よいものです。

長雨にも青空にも心から感謝をし

今日も全力で楽しみたいと思います。

『ツキを習慣化して、強運体質になる』

先日、お会いした方が「どうして成功されたのですか?って

よく人に尋ねられるのだが、自分でも良く判んないんだよね」

「ただ、運が良かっただけだから・・」と言っていました。

納得の言葉でした。

人生って、やっぱり「運」ですよね。

そこで今日は『運』について考えたいと思います。

買ってでもする苦労とは・・

人生が楽しくて仕方なくなる苦労とは・・

間違ったやり方でも成果の出る苦労とは・・

それは『強運になる』苦労です。

多くの方々は「実力をつける努力」をしますが

「運をつける努力」をおろそかにしがちです。

しかし、実力は、いくらつけても「上には上がいる」のです。

また、AI(人工知能)の発達によって、

知識も技術も私たちの能力を凌駕しようとしています。

ですから、これからは「実力」よりも

『運』をつけなければなりません。

大きな大きな成果を望むのであれば、

『ツキ』ではなくて『運』をつけないといけません。

それも「ただの運」ではなく、強い運・・

『強運』をです。

*『運』と『ツキ』の違いとは・・

『ツキ』とは、たまたま掴んだ一時的なもの。

『運』とは、努力によって身に付けた「ツキ」を呼び込む習慣です。

ですから、一時的なものではなく生涯的なものだそうです。

それでは『強運』を身に付けるにはどうしたら良いのでしょうか。

その『強運』を身に付ける方法とは・・

いろいろありますが・・

たくさんありますが・・

「とにかく強力」で「すぐに強運」になれる方法は

『感謝』をすることだそうです。

要は、全てに『感謝』をすることです。

それが「一番、簡単」で「強力」で「即効性」のある

『強運』になるコツです。

ですから、朝、目が覚めたなら床の中で

声に出してつぶやいて下さい。

生きている

見えている

聞こえる

立てる

歩ける

食べられる

仕事がある

仲間がいる

尊敬できる人がいる

など、など・・

全てに「有り難い」

「ありがとう」と感謝をすることです。

全てに・・?!

そうです。

全てにです。

感情なんか入れなくて良いんです。

ただ「有り難い」「ありがとう」と

感謝の言葉を口にするのです。

これは、時間もかかりません。

誰にでもできます。

どこででもできます。

大声を張り上げる必要もありません。

そうすると、そのうち「心が“感謝のエネルギー”」で溢れ

更なる『強運』を呼ぶことになるのです。

ですから、自信がないとき、

不安で押しつぶされそうになったときも

或いは、更なる高いステージを目指すとき

目の前のすべてに

「有り難い」「ありがとう」と感謝の言葉を口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした感謝の言葉が「ツキ」と「チャンス」を呼ぶのです。

そして、その「ツキ」と「チャンス」に

更に「有り難い」「ありがとう」と感謝の言葉を繰り返していると

「心に“感謝のエネルギー”が溢れ」

『強運』が身に付いてくるのです。

こそが、これからの人生における『最高の御守り』となるです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

全てに「有り難い」「ありがとう」の感謝の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、「ツキ」を呼び込む努力をしましょう。

「ツキ」を習慣化して『強運』と言う

『人生最高の御守り』を身に付けましょう。

そして、望む人生を・・

幸せな人生を・・心から楽しみましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。