やり続けること 小さな継続が大きな差を生む

2016年2月27日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

みなさんは蝶番(チョウツガイ)を知っていますか?

蝶番とは扉の開閉を支えている金具です。

ほとんどの家で必ず使われている大切なものですが

その存在を知る方は少ないのではないでしょうか。

今日は、その蝶番からの学びをご紹介しましょう。
<スポンサーリンク>

やり続けること 小さな継続が大きな差を生む

「小さな蝶番(チョウツガイ)が大きな扉を動かしている」

これは、『成功哲学』で知られるナポレオン・ヒル財団の

元理事長で、自らもその普及と実践によって

全米一の損害保険会社をつくりあげた

W・クレメント・ストーンの言葉です。

蝶番(チョウツガイ)とは、扉を動かすための金具です。

これがないと扉を開閉することは出来ません。

とても重要なものなのですが、その存在を意識している人

又は知る人は多くありません。

これは、私たちの人生に於いても言えるのかも知れません。

本当は重要で大切なものほど気付いていないかも知れません。

生きていく上で最も重要な空気の存在であったり、

この世に命を授け、育ててくれた親の存在であったり、

家庭の中での妻の存在であったり、

余りにも「当り前」過ぎて、その存在を忘れがちです。

この様に自己主張しない「当り前」の存在にこそ

私たちにとっては重要な存在なのですから

大切にしなければならないのです。

ですから「当たり前」の存在に「有り難い」と感謝をし

「ありがとう」と声を掛けましょう。

また蝶番は、小さな存在が大きなものを動かすと言うことも

私たちに教えてくれているのかも知れません。

更に言えば、毎日の小さな積み重ねが

大きな成果を生み出すと言うことです。

例えば、タバコは健康に悪いと知っていますが

タバコを吸ったからと言って直ぐに害が現れる訳ではありません。

ですから、ついつい手が出てしまいます。

しかし、こういった小さな事の積み重ねが

大きな病気の原因につながっていくのです。

しかし、「逆もまた真なり」です。

ちょっとした簡単な事。

ちょっとした小さな事。

この「ちょっとした事」が

確実に目指すゴールに近づけてくれることも多くあります。

小さなことかも知れませんが

繰り返し、繰り返しやっていくことで

何年か後に大きな差になって現れるのです。

ダイエット本を買ってきて、そこに書かれていることを

実践するのは、そんなに難しいことではないでしょう。

また、自己啓発セミナーに出るのも簡単でしょう。

成功プログラムを30分聞くのも簡単かも知れません。

しかし、どれ一つとっても、

次の日から人生が変わるわけではありません。

恐らく、次の日には何も変わっていないでしょう。

ですから、多くの人は、変化が訪れる前に諦めてしまうのです。

1回や2回、成功のノウハウを聞いたからって

人生が変わったり、成功したりする訳ではありません。

何度も、何度も繰り返し、それを自分の中に取り入れて行くうちに

いつの間にか、それが新しい自分へと変わっていくのです。

強調したいのは、どんな大きな成功も

どんな大きな事業も、どんなに大きな目標も、

目の前の小さな差から生まれると言う事です。

角度を1度、変えても、始めは大きな差ではありません。

しかし、先に進めば大きな差となって表れるのです。

実は、私は20代の時にはタバコを一日に80本を吸う

ヘビースモーカーでした。

しかし、28歳の時から今日まで一本も吸っていません。

俗に言う「禁煙」に成功したのです。

では、どうして成功したのでしょうか・・

禁煙を決意した日に、手に持っていた全てのタバコをゴミ箱に捨て

「今日、一日だけタバコを止めよう」と「休煙」を決めたのです。

「禁煙」はムリかも知れないが、

「一日だけの休煙」なら出来ると思ったからです。

そして、次の日の朝、「今日も一日だけ休煙してみよう」

「もし辛かったら、明日吸おう」と言って

「一日休煙」に挑戦しました。

そして、次の日の朝も、「今日一日だけ休煙してみよう」

「どうしても辛かったら、明日から吸おう」と言って続けたのです。

ですから、僕の場合は「禁煙」したのではなく、

35年以上、「休煙」しているだけかも知れません。

「簡単な事からやる!」、「出来ることをやる!」

それを積み重ねる事で大きな差となり、

大きな偉業を成し遂げることができるのです。

大切なのは、「やり続ける!!」ということです。

だから、何か始めようと決めたなら

「もう一回・・」、「もう一度・・」、「もう一日・・」

「よし!今日も続けよう!」と言葉にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にした言葉が励ましの言葉となって

やり続けることが出来るでしょう。

「継続こそが自分の未来」だと言うことを心に刻み

さあ!!、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「もう一回・・」、「もう一度・・」の言葉とともに

ウキウキ、ワクワク、継続することを楽しみにしましょう。

「継続がちから」だと言うことを信じて

小さな継続で大きな成果を手にしましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰