誕生日に想う

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

昨日は、沼津での『夢を語る会』でしたが、

私の誕生日でもありました。

皆様方に祝って頂き、記憶に残る一日を過ごさせて頂きました。

皆様方へ、心より感謝いたします。

また、FBやLINE、メールで多くの方々からも

素敵なメッセージをたくさん頂きました。

思いも寄らぬサプライズもありました。

改めて、私は「世界一の幸せ者」だと思いました。

皆様方には、心から感謝を致します。

本来なら、お一人お一人にお礼を申上げなければならないのですが

この場をお借りして、お礼を申し上げたいと思います。

「皆様方の素敵なメッセージに心より感謝いたします。

また改めて、更なる高みを目指して歩むことも誓います。

皆様方、本当に、ありがとうございました」

<スポンサーリンク>

あなたの大切な記念日は・・

3月は「卒業式」の季節、4月は「入学式」

そして、人生に於いては、「誕生日」や「成人式」

または「結婚記念日」など、たくさんの「記念日」がありますが

皆さんにとって「最も大切にしている記念日は?」何ですか?

私は、ハッキリと『誕生日』と答えます。

なぜなら、『誕生日』は・・

自分がこの世に生を受けた最も大切な日であり、

この日から私の人生が始まったからです。

そして、たくさんの思い出と共に「今日」があるのです。

この日をなくして「私の今」はないのです。

そう思うと、この日がいかに大切かが分かります。

私は、この日を一年で最も大切な『感謝の日』と決めています。

ですから、この日には「心静かに感謝をする時間」をつくります。

昨日も、静岡の『夢を語る会』へ出かける前に

この時間をつくり、手を合わせて感謝をさせて頂きました。

では、それは、何への「感謝」なのか?・・

それは、「両親への感謝」であり、「ご先祖様への感謝」であり、

「出逢ったすべての方々への感謝」です。

私たちは、数億、数千億、数兆のご先祖様がいて

父がいて・・、

母がいて・・、

この世に「生」を受けました。

この世に私の命をつないでくれた

この「ご両親」に感謝せずに何に感謝するのでしょうか。

私は、『誕生日』とは、

この世に、「私を誕生させてくれた両親」に・・

「この命を両親につないでくれたご先祖様」に・・

そして、「今日の私をつくりあげてくれた、

ご縁があって、出逢ったすべての方々」へ

心から感謝をする日だと思っています。

ですから、多くの方々と「誕生日を祝う」のも良いでしょうが

先ずは、ご両親へ・・、ご先祖様へ・・

そして、出逢ったすべての方々へ

「お陰様で本日、○○歳の誕生日を迎えることが出来ました」と

心の中で感謝をすることが大切だと思います。

多くの方々に祝って頂いたメッセージは

私へのメッセージであると同時に、

この「感謝の人たち」への祝いのメッセージでもあると思っています。

中には、「酒癖の悪い父なんて・・」

「小言ばかり言う母なんて・・」 と言う方もいらっしゃるでしょうが

しかし、両親の存在なくして、

「私たち」は存在していないのですから

「偉大な存在」だと思います。

そして、「尊敬に値する存在」ではないでしょうか。

私は十数年前より、誕生日には両親に「感謝の手紙」を書いています。

父はあいにく他界しましたが、

それでも「感謝の手紙」は書かせて頂いています。

その手紙を読んで頂くことが目的ではありません。

心静かに「両親への感謝」を文字にしていると

自分の心が安らぎ、豊かな気持ちになるからです。

そして、勇気が湧き、新たな決意が生まれます。

自分の心の平安の為に・・、

幸せの為に・・書いているのです。

父が亡くなった後に、父の遺品を整理していたら

私からの「感謝の手紙」の綴り見つかりました。

きっと嬉しくて、大切に取っておられたのでしょう。

私まで、嬉しくなり、涙がこぼれました。

本当は毎朝、ご先祖様とご両親に手を合わせて

「感謝をすることを習慣」にすると良いのでしょうが

それが、なかなか叶わないという方は、

せめて、自分の誕生日を『両親への感謝の日』、

『ご先祖様への感謝の日』とされてはいかがでしょうか。

※私は、毎朝夕、手を合わせて感謝の祈りをさせて頂いています。

「感謝がすべて」です。

「すべてが感謝」です。

その「感謝の原点」を教えてくれるのが

両親ではないでしょうか。

その「感謝の原点」に戻してくれるのが

『誕生日』なのではないでしょうか。

誕生日の昨日、改めて「感謝の原点」に戻り、誓いました。

これからも、何があっても「ありがとう」

何が起きても「ありがとう」と

全てに感謝をする人生を送ることを・・

「言葉はちから」です。

試してみてください。

何があっても、「ありがとう」と

心の中で呟いてみてください。

きっと、心が前向きになるのを感じるでしょう。

感謝の言葉は「思考」をプラスに変えます。

感謝の言葉は「未来」を切り拓きます。

そして、「幸せな人生」を歩ませてくれます。

だから、今日も、私は

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「ありがとう」と感謝の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、幸せな人生を歩みましょう。

「幸せな人生」を歩むことこそが、

この世に送り出してくれたご両親とご先祖様、

そして、今日の私を創り上げてくれた全ての方々への

恩返しではないでしょうか。

だから、「誕生日の朝」、

「ありがとう」の渦の中で生きる約束をし、

感謝の人生を送ると誓い・・

「幸せになる!!」と決意しました。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰