考え方の癖 幸運の女神を微笑ませる方法

2017年1月23日

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、

ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして、『言葉は力です』

言葉遣いは、「明日の自分」を作ります。

日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

今朝も寒いですね。

また、新しい一週間がスタートします。

今週もウキウキ、ワクワクの一週間になりそうです。

青森の八甲田山の積雪は既に2mを優に超えているそうですが

この八甲田山で1902(明治35)年に、日本陸軍の雪中行軍が

行われました。

猛吹雪で道を失い、寒さと飢えと疲労の為に参加兵士210名中

199名が死亡しました。

私は20代の時に秋の八甲田を訪れましたが

紅葉がとても美してところでした。

「美しい薔薇には棘がある」ではありませんが

美しいからと言って、自然を甘く見てはいけませんよね。

また今日は「123」で『ワン・ツー・スリーの日』だそうです。

今日を機会に、更に飛躍の一年にしたいものです。

そして、今日は「1(いい)23(ふみ)」の語呂合わせで

『電子メールの日』でもあるそうです。

本当に便利な時代になりましたよね。

自分の想いを一瞬にして世界のどこへも届けることが出来ます。

インターネットを発明した人は凄いと思います。

この文明の利器を活かした人たちが大きな富を手にしました。

世界の富豪トップ8人中6人が、

この文明の利器を上手く活かした人たちです。

ですから、新しいことでも「食わず嫌い」にならずに

挑戦することが大切だと思います。

今日は私にとっては非日常の「ブログ」と

「LINE@」の手ほどきを受けて来ます。

近日中に、これらを使って『凄いこと』を発表します。

そして、それは、皆さんにも喜んで頂けるものだと確信しています。

楽しみにしていてください。

昨日は「大風呂敷を拡げましょう」という話をさせて頂きましたが

今日は「拡げた大風呂敷」を実現するキーワードをご紹介します。

<スポンサーリンク>

考え方の癖 幸運の女神を微笑ませる方法

よく私たちは「やってみなけりゃ分からない」と言葉を使いますが

実は「やる前から結果は決まっている」のです。

多くの成功者、成果を出している方々を観察すると

その人が「成功するか?どうか?」は、

殆どの場合、始める前に既に「見えている」のです。

それは「できない人たち」「やらない人たち」は

始める前から「できるかな?」とか

「とりあえず、やってみよう!」などと

常に「中途半端」なのです。

しかし「できる人たち」「やり遂げる人たち」は

始める前から「できる」と思っている。

または「できる方法は、必ずあるはず」と考えている人なのです。

この「考え方の違い」は、簡単に言うと「癖」なのです。

その癖は「諦め癖」と「諦めない癖」と言いたいのですが

実は、そうではないのです。

何の違いか?というと

「世の中には、出来ないことなどはない」

「あの人に出来て、自分に出来ないはずはない」という

「考え方の癖」です。

私は、大きな夢や目標を決めたときに

「こんなに便利な時代に生まれたのだから」

「世界中に友達をつくることが可能な時代なのだから」

「必ず、出来る方法はあるはず」と考えます。

何故なら「そう考えた方が得」だからです。

多くの人は「大きな目標、夢」となると、

始める前から「無理」「出来ない」と思いますが

「無理」と思っている人は、

絶対に・・、絶対に・・その夢を叶えることは出来ません。

何故なら「無理」と思っていますから

知らないことを人に聞きません。

聞かないから「知恵」がわきません。

「知恵」が湧きませんから「行動する勇気」がおきません。

「行動する勇気」がないので「行動」もしません。

「行動」しないから「集中力」もありません。

そして「チャンス」が「危機」に見え、

「危機」が「チャンス」に見えてしまうのです。

そんな人に「幸運の女神は、絶対に微笑まない」のです。

しかし「この世の中に出来ない事なんてない」と

思っている人は

知らないことは人に聞きます。

聞くから「知恵」が湧きます。

「知恵」が湧くので「行動する勇気」がおきます。

「行動する勇気」が起きるので「行動」します。

「行動」するから「集中力」も生まれます。

ですから「チャンス」が来ると逃さず、

「危機」を「好機」へと変えるのです。

その様な人には「幸運の女神が、微笑む」のです。

前にもご紹介したと思いますが

行動することで、紙を束ねる小さな「ペーパークリップ」で

「家」を手に入れた方がいるのです。

ある青年は「赤いペーパークリップ」の物々交換を繰り返し

一年後に「家」を手に入れたのです。

世の中には「出来ない事」だって「ある」かも知れません。

いや「ある」でしょう。

でも、そう考えて「何になる」のでしょうか?

きっと「得」をすることなどないと思います。

この世の中に「出来ない事などない!!」

そう考えた方が、

絶対に・・絶対に・・「得」なのです。

そう言う「考え方の癖」を付けることが「得な人生」となるです。

ですから、何があっても

「できる」

「できる方法は、必ずあるはず」と口にしましょう。

「言葉はちから」です。

その口にする言葉が、

私たちに「考え方の癖」を変えてくれるのです。

「考え方の癖」が「幸運の女神を微笑ませる」のです。

そして、望む成果を手にするのです。

だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「私は、できる!」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク「考え方の癖」を変えていきましょう。

「考え方の癖」を変えて、幸運の女神を微笑ませましょう。

そして、望む人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

菅野宏泰

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものを

ブログにしています。

日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、

メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として

登録させて頂きます。