夢を叶える必要条件

今日も絶好調!!絶好調!!

今朝も最高に幸せな朝を迎えました。

朝、目覚めの第一声は、いつも「神様!感謝します」

「今日も素晴らしい一日を用意してくださり、
ありがとうございます」

そして、親愛なる皆様へ心から感謝しています。

私は私ぐらい『幸せな人』はいないと思っています。

「私は世界一の幸せ者です」

そして『言葉は力です』

言葉遣いは「明日の自分」を作ります。

今日も元気になる言葉を発して、明るく楽しく過ごしましょう。

明日から『お盆休み』という方も多いのではないでしょうか。

私は、新しいプログラムの資料作りや今までに出来なかった仕事を
集中的にやろうと思っていますので、休みはお預けになりそうです。

しかし、夢があるので、ウキウキ、ワクワクです。

そして、今日は木曜日ですので『たすけ愛』の
新プログラムの内容について詳しい説明をしたいと思います。

時代は変化しています。

当然、私たちの生き方、在り方も変えなければなりません。

新聞に『新興国に無人コンビニ』という記事が載っていました。

新興国の方が新しいものを取入れるスピードが速いのです。

私たちは、過去の常識や利権に縛られ過ぎて
脳が硬直しているのではないでしょうか。

考え方を変えないと私たちは時代の変化に取残されてしまいます。

『自分の夢を、即答できるようにしておく』

今日は、夢を叶えるには「どうすれば良いのか?」について
考えたいと思います。

皆さん、想像してみてください。

もし、皆さんが神様になったとします。

そして、人間たちの夢の手助けをしてあげようと思い、

ある2人の人間の前に立って次のように言います。

「夢を叶えてあげるから、どんな夢があるのか聞かせてほしい」

一人は「政治家になり、みんなを豊かにしたい」と即答しました。

しかし、もう一人は、しばらく考え込んでから

「私も、政治家になり、みんなを豊かにしたい」と答えました。

2人とも、同じ答えです。

ところで、皆さんでしたら、

どちらの願いを叶えてあげたいと思いますか。

おそらく、即答した人ではないでしょうか。

即答した人からは、強いやる気や熱意が伝わってきますよね。

即答した人ほど、神様に熱い思いが伝わります。

神様も、願いを叶えてあげたいと思うはずです。

しかし、これは神様だけなのでしょうか?

私たちの周りの人たちも、神様と同じ考えではないでしょうか。

「即答する人」を応援したいと思でしょう。

そして、応援する行動に移してくれるでしょう。

ですから「夢を叶えたい」と思うのであれば

神様に夢を尋ねられたら・・

いや、誰に尋ねられても「即答」出来るかどうかなのです。

「即答」が夢を叶えるための大切な条件なのです。

「流れ星に、願いごとを3回言うと、願いは叶う」

と言われますが

瞬時に消えてしまう「流れ星」に願いごとを

3回も言うことなど誰だって不可能に近いのです。

これは「流れ星に3回、願いごとを言いなさい」

と言っているのではなく

どんな時でも「夢を即答で応えられるようにしておきなさい」

と言っているのです。

考えてからでないと「夢が語れない」と言うのでは

その「夢」は、その程度で、その程度のやる気しかないのか?

と周りの人たちに映ってしまうのです。

しかし、即答できる人からは、強いやる気と熱意が感じられます。

すると「よし、叶えてあげよう」と思う人が現れ始めるのです。

ですから、夢を即答できる人ほど、夢は叶えやすくなるのです。

「即答」は・・、

いや、「即答」こそ、夢を叶えるために必要な条件なのです。

ですから、夢を叶えたいなら

「私の夢は、○○です」とハッキリと即答しましょう。

「言葉はちから」です。

その即答で語られる夢が

自分に「やる気と使命感」を与えてくれるのです。

その「やる気と使命感」が「熱意」へと変わるのです。

その「熱意」が、周りの人たちに伝わり、

応援をしてくれる人たちが現れるのです。

そして、夢は叶っていくのです。

だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

夢を即答で答えて

ウキウキ、ワクワク、熱意を人に伝えていきましょう。

熱意で、応援してくれる人たちを見つけましょう。

そして、人の力を借りて、夢を叶えていきましょう。

夢を叶えて、充実の人生を歩みましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

今日も、素晴らしい仲間たちと

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

感謝 合掌

※このちらのブログは、毎朝、メルマガ読者にお送りしているものをブログにしています。
日々、リアルタイムに読んでみたい!という方は、
メルマガ希望欄よりお申し込み頂ければ、メルマガ読者として登録させて頂きます。